プラセンタ
で肌荒れを治す
 スキンケア
で肌荒れを治す
 専用保湿シェルで
肌荒れを治す
 プラセンタで肌荒れを治す.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ
 nonAヘッダー.jpg
⇒Non.A(ノンエー)
公式ページへ
 merurainn.jpg
⇒メルライン
公式ページへ

口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す化粧品の使い方

前回記事の
口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す洗顔後のスキンケアでは
その方法と流れについて触れました。


続いて今回は化粧水の使い方について。
つけ方はコットン・手のひらの2つがありますが、
それぞれの正しい方法をお伝えします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪化粧水を手のひらでつける方法≫

1.手のひらに適量の化粧水を乗せる
  −10円玉くらいを目安にするといいでしょう。
化粧水の量.jpg


2.顔全体を覆うように手のひらでまんべんなく化粧水をなじませる
化粧水つけ方.jpg


3.化粧水が肌にうっすら馴染んだら、再度化粧水を手のひらに乗せる
化粧水手に取る.jpg


4.細かいところ(鼻の下・小鼻・目元など)を重点的に指でつけていく
化粧水 細かいところのつけ方.jpg


最後のチェックとして、
手の甲を頬に当て、ひんやりしていたらOK!終了!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪化粧水をコットンでつける方法≫

1.コットンにたっぷり化粧水をつける
  −コットンの裏側まで十分濡れるようにしましょう。
   化粧水の量が少ないと、
   肌の水分をコットンが吸い取ってしまうので危険!
コットンにつける.jpg


2.顔全体に化粧水をやさしく広げていく
  −顔で面積が広い順番(頬や額⇒鼻⇒あご)でつけていきます。
   やさしく丁寧に。コットンでゴシゴシしたらダメですよ!
コットンでのつけ方.jpg


3.顔の下から上へパッティングする
  −回数の目安は年齢の2〜3倍程度。
   常に「やさしく丁寧に」を心がけてください。
   強くやると、赤ら顔の原因になります。
   (毛細血管が破壊されるため)

   また、化粧水が減ってきたら
   少量でいいので化粧水を足しましょう。
   ここでケチっちゃダメ!
コットンパッティング.jpg


最後のチェックとして、
手の甲を頬に当て、ひんやりしていたらOK!終了!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


なお、2つの方法のうちどちらがいいかというと、
それはあなたの肌に合わせて決めるべきです。


≪化粧水を手のひらでつける方法≫
 ⇒肌への刺激が少ないので、肌荒れのある方・肌の弱い方向け

≪化粧水をコットンでつける方法≫
 ⇒コットンによる肌への刺激が多少あるが、
  均等に化粧水を入れることができる。
  コットンからの刺激程度なら耐えられる肌の方向け


また、化粧水によっても
手のひら用・コットン用と別れている場合がありますので
そこんところはきちんとチェックしてから購入しましょうね。



>前のページ:>口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す洗顔後のスキンケア

>>次のページ:顔の肌荒れ・吹き出物を治すオススメ化粧水

>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: