プラセンタ
で肌荒れを治す
 スキンケア
で肌荒れを治す
 専用保湿シェルで
肌荒れを治す
 プラセンタで肌荒れを治す.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ
 nonAヘッダー.jpg
⇒Non.A(ノンエー)
公式ページへ
 merurainn.jpg
⇒メルライン
公式ページへ

季節の変わり目の肌荒れ対策で食べるべき野菜

日差し.jpg

季節の変わり目にはなぜだかよく肌荒れしますよね。
特に冬から春、春から初夏にかけてが多い。
これは体調の変化や紫外線量の増加が原因です。


そこで今回は季節の変わり目の肌荒れ対策で
食べるべき野菜とその摂り方をお伝えします。



【肌に必要な栄養素とは?】


野菜から摂るべき肌に必要な栄養素はβ―カロテンです。
それはβーカロテンが体内でビタミンAに変化するから。


ビタミンAを直接摂取するためには
お肉を食べる必要がありますが
その場合、どうしても脂質も
多く摂り入れることになってしまいます。


そのため、βーカロテンが含まれる野菜を取ることで
ビタミンAを摂り入れて肌に栄養補給する必要があります。
そのビタミンAには肌の乾燥を防ぐ効果があります。
さらに皮脂や粘膜の角質化を防ぐ効果も。


これを多く含む野菜としては
■ピーマン
■にんじん
■かぼちゃ
■小松菜
■ほうれん草

です。



【1日に取る野菜の目安】
キャベツ.jpg

1日に取る野菜の量の目安は400gです。
それを1日3回に分けて摂ると1回約170gになります。


1回分のそれぞれの野菜の目安量は
■ピーマン:3個
■にんじん:1本
■かぼちゃ:10本
■小松菜:4分の1個
■ほうれん草:半束

です。


これらを4つ組み合わせたものを1日に取ると
バランスよくビタミンAを摂り入れることができて
肌荒れを防止することができます。




【オススメの野菜の食べ方】
サラダ.jpg

【朝食編】
ヨーグルトスムージーにして食べる。
消化に負荷をかけないし、酵素も摂り入れられるので
健康的にもダイエットにもオススメな方法です。

作り方
■ヨーグルト:200t
■にんじん:半分
■小松菜:半株
■バナナ:4分の1個
■リンゴ:4分の1個
■レモン:4分の1個
■はちみつ:大さじ2

をミキサーに入れて混ぜるだけ!


【昼食編】
シンプルにサラダで食べる。
生野菜ならビタミンCも豊富に取れるので
さらに美肌効果アップになります。

ドレッシングをオリーブオイル+塩+スパイスにすると
余計な油分を摂らずさらにヘルシーに。


【夕食編】
簡単な温野菜で食べる。
夜は時間がないことが多いかと思いますが
それでも野菜は絶対に摂りましょう。

薄くカットした野菜を耐熱容器に入れて
4分程度(好みや量によって微調整してください)加熱すれば
オリーブオイル+塩+スパイスで美味しく食べれます。



以上が季節の変わり目の肌荒れ対策で
摂るべき野菜とオススメの摂り方です。
毎日のスキンケアに加え野菜もしっかり摂り入れて
肌荒れ知らずになりましょう!



>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 13:52 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: