プラセンタ
で肌荒れを治す
 スキンケア
で肌荒れを治す
 専用保湿シェルで
肌荒れを治す
 プラセンタで肌荒れを治す.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ
 nonAヘッダー.jpg
⇒Non.A(ノンエー)
公式ページへ
 merurainn.jpg
⇒メルライン
公式ページへ

なぜ、生理前に肌荒れするのか?肌荒れと生理周期の関係

生理痛.jpg

生理前になると肌荒れや吹き出物ができやすい
というのはよく聞かれます。
毎日しっかりスキンケアしているのに
それでも毎月のように生理前には肌荒れする・・・
いったいなぜでしょうか?



【生理前に繰り返す肌荒れや吹き出物の原因とは?】


その原因は黄体ホルモンです。
生理前になるとこの黄体ホルモンの分泌が増加します。


黄体ホルモンには皮脂の分泌を増やす効果があり、
その影響で肌荒れしたり吹き出物ができやすくなるのです。

さらにシミやそばかすが増える原因にもなっています。

また、生理前に感じるむくみやストレスも
このホルモンによる影響であることが多いです。



【黄体ホルモンの影響を軽減するには?】
夜空.jpg

黄体ホルモンの影響は生活習慣が乱れていると
より体が反応しやすくなってしまうことがわかっています。
そのため、普段から
■睡眠不足
■食生活の乱れ
■ストレス

などには気を付けて生活することが
黄体ホルモンの影響を弱めるポイントです。


特に生理前には
「甘いもの、コッテリしたものが食べたい!」
と感じやすくなりますが、
糖質や脂質は生理前のみならず
常に肌荒れや吹き出物の原因となりますので
あまり食べ過ぎないように気をつけましょうね。


我慢しすぎてストレスを抱えるのはよくありませんが、
思いのまま食べて肌荒れした挙句に太ってしまっては
毎日のようにスキンケアする意味が無くなってしまいます。



【それでも甘いものが食べたいなら】
イチゴ.jpg

甘いものが全てダメなわけではありません。
甘いものが食べたくなったらフルーツや黒糖など
自然由来のものを食べるようにすればOKです。



特にフルーツであれば
ダイエットにも効果的な酵素も自然に摂り入れられるので
健康的な部分でもおすすめですよ。


スイーツなどは生クリームなどが
砂糖と脂質が混ざり合っており、
これらを同時に取ることになるのでダメです。
どうしても、ということであれば週1回くらいにして
食べた後は運動するようにしましょう。



【スキンケアで生理前の肌荒れ・吹き出物を回避するには?】
9520-1024x680.jpg

黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えるので
油分の多いスキンケア用品は使用を控えましょう。
例えば、クリームとかですね。


油分で保湿するクリームや乳液を使わずに、
セラミドやヒアルロン酸・プラセンタなど
保湿成分が多く含まれるものを使えるとなお良いです。


生理前に増えた皮脂で肌には十分油分がある状態ですので
そこにさらに油分を追加する必要はありません。
むしろ油分が多すぎると吹き出物ができてしまいます。



以上が生理前の肌荒れの原因と肌荒れと生理周期の関係です。
対策方法はありますのでぜひ取り入れて
生理前も快適に過ごせるようになりましょう!



>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 00:00 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: