プラセンタ
で肌荒れを治す
 スキンケア
で肌荒れを治す
 専用保湿シェルで
肌荒れを治す
 プラセンタで肌荒れを治す.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ
 nonAヘッダー.jpg
⇒Non.A(ノンエー)
公式ページへ
 merurainn.jpg
⇒メルライン
公式ページへ

カサカサ肌の顔の肌荒れに対策する4つの方法

砂漠.jpg

顔の肌荒れには乾燥が原因でカサカサ肌になってしまうこともあります。
そのカサカサ肌は肌の乾燥を防ぐことができれば改善できます。
特に普段のスキンケアの中で簡単にできる
4つのカサカサ肌対策がありますのでそれをご紹介します!



【朝起きてすぐに、顔の皮脂を取り除こう】

朝の顔は想像しているよりも、ベタベタしているものです。
このベタベタには、夜の間の汚れが当然に混じっています。
これをこのまま洗顔すると、手のひらに汚れがついてしまいます。


それを防ぐためには、
一度は冷たすぎずに熱すぎないお湯でサッと洗い流す必要があります。
これにより、洗顔料が肌に吸い付きやすくなり、
効率よく汚れを落とせるようになるのです。




【泡立ちの良い洗顔料でモコモコにして洗おう】
モコモコ泡.jpg

カサカサ肌の原因の一つに、
顔に指が当たることによる摩擦があります。
摩擦は小さいものでも、肌を刺激してしまいます。


この摩擦を無くすには、
指と肌の間に洗顔料の泡を作ることです。
洗い流すときも、優しく行いましょう。
どうしても流しにくくなってしまうので、
最低でも20回はすすぎましょう。




【化粧水はつけすぎくらいがいい】

化粧水の裏には、
「適量」や「2・3滴」つけるようにと書いてありますよね。
でも、こればかりは体質で変わります。
自分の手のひらを信じるのが一番確実です。


自分で触ってみて、
肌に吸い付くくらいになるまで化粧水をつけましょう。
化粧水はつけた先から蒸発してしまうので、
そのくらいがちょうど良いのです。




【洗顔のしすぎもカサカサ肌の原因になっているかも】

私もかなりのカサカサ肌なので、
続けていることがあります。
それは、1日2回しか顔を洗わない、ということです。
それをしばらく続けると、肌の調子が良くなったのです。


寝不足が続いてしまった時や、
体調がすぐれない時などは、カサカサ肌になりがちですよね。
何をしても肌が最低・・・という時は、そんな荒行も良いですよ。




>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 22:13 | Comment(0) | カサカサ肌対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする