プラセンタ
で肌荒れを治す
 スキンケア
で肌荒れを治す
 専用保湿シェルで
肌荒れを治す
 プラセンタで肌荒れを治す.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ
 nonAヘッダー.jpg
⇒Non.A(ノンエー)
公式ページへ
 merurainn.jpg
⇒メルライン
公式ページへ

ダイエットサプリメントで痩せて肌荒れしない方法

【ダイエットサプリメントとは】

「ダイエットサプリメント」とは、ダイエットのサポート食品のことです。

たとえば、普通にダイエットして体重1キロ落ちた場合、ダイエットサプリを飲めば1.5キロ落ちるといったイメージです。

「飲んだから痩せる」、「飲むだけで痩せる」といった、魅惑的なキャッチコピーの商品もあります。

しかし、ダイエットサプリを飲むだけで痩せるというのは間違いです。

もしもそういったサプリを探しているのであれば、時間の無駄といえるでしょう。



【理想的なダイエットサプリの使い方】

・ダイエット中の外食として使う

・運動ダイエットの効果がいま一つ、そんなときダイエットサプリと組み合せて使う

これらがおススメです。

ダイエットサプリは、正しい飲み方などを知っておくと、効果倍増です。

サプリメントの効果が最大限に発揮される方法をご紹介します。



【サプリメントの効果的な飲み方】


■常温の水で飲む

水は、胃を刺激して活発に動かしてくれます。

するとサプリメントは細かく砕かれ、吸収しやすい状態で腸へ送られます。

お茶やコーヒーなどで飲まずに、常温の水で飲みましょう。


■サプリメントを飲む時間

サプリメントは法律で食品に分類されているため、医薬品のように飲む時間を表示できません。

一般的には、摂取する時間は気にする必要がないといわれています。

ただし、体内への吸収を考えると食後30分以内が理想です。


■継続して飲む

サプリメントは継続的に飲み続けることで効果を発揮します。

まずは3ヶ月続けましょう。

ただし飲みすぎには気をつけてくださいね。

いくつものサプリメントで栄養を補うより、バランスの良い食生活が基本です。

サプリメントで肌荒れ対策!必要な栄養素を知ろう!

サプリメントとは、食事で摂取しきれない栄養成分を錠剤やカプセルにしたものです。
薬局やコンビニなどで販売され手軽に、入手することができるものです。


美容に効果があるサプリは、各社より多くの種類が販売されています。
用途と成分によって数種類ありますので、目的のサプリを求めて下さい。

【美白のためのサプリメント】

◆ビタミンC (美肌の栄養成分)
◆αリボ酸 (抗酸化作用あり)
◆システイン (必須アミノ酸の一つ)
◆ルシノール (メラニンの生成を抑える)
◆アルプチノン (西洋ナシの葉や皮に含まれている)

【ニキビの改善のためのサプリメント】

◆ビタミンB (美肌のエネルギー源)
◆フルーツ酸 (柑橘類に多く含まれる)
◆硫黄・グリコール酸 (硬い角質をやわらかくする)
◆αヒドロキシ酸 (皮膚の細胞の再生を促す)

【肌の潤いをサポートするサプリメント】

◆コエンザイムQ10 (乾燥やシワの予防・改善)
◆セラミド (肌に潤いを与える)
◆ヒアルロン酸 (肌の保湿成分)

【ダイエットをサポートするサプリメント】

◆Lカルニチン (脂肪の燃焼率アップ)
◆カプサイシン・キトサン (脂肪の分解と燃焼に効果あり)
◆カテキン・アントシアニン (脂肪を減らす緑茶パワー)

サプリを飲むタイミングは、基本的に食後30分以内に飲むようにします。
タイミングが違うと、効果が薄れたり他の栄養素の吸収の妨げになります。
例外もあり「コラーゲン」「セラミド」は就寝前に飲むのが効果的です。

目的で成分を選び、飲むタイミングを守って続けていくことが大事です。




【亜鉛を取るならサプリメントがおすすめになる理由】


亜鉛が欠乏すると、身体に様々な悪影響をもたらします。
人間の身体に、なくてはならない効果を持っているのです。

亜鉛含有量の少ない食事や食物繊維の取り過ぎ、鉄や銅の過剰摂取などが原因で亜鉛が欠乏します。

亜鉛が欠乏することで、細胞分裂の頻繁な部位に影響が現われます。
例としては味覚障害、精子減少、無月経、貧血、皮膚炎、免疫機能や甲状腺機能の低下などです。

亜鉛を摂取することによって、得られる効果は他にも多数あります。
育毛や、男性機能の向上にも効果的です。
特に、薄毛で悩んでいる男性に評判となっています。

食品の中から亜鉛を摂取しようとするなら、牡蠣やレバーなどが良いでしょう。
しかし毎日食べるとなると、なかなか大変です。

手軽に亜鉛を摂取しようとするなら、サプリメントでの摂取がおすすめになります。
食材からの摂取では、どのくらいの量の亜鉛を摂取したかが、わかりにくいからです。

亜鉛は大事な栄養素ですが、必要以上に取り過ぎることもあまり良くありません。
過剰に摂取すると、鉄や銅の欠乏を招きます。
さらに、高比重リポタンパク質の血中濃度の低下につながる危険性があるのです。

亜鉛サプリメントを用いれば、過剰摂取の心配も小さいでしょう。
どれくらいの亜鉛を摂取したかが、わかりやすいからです。
そして一度に大量に摂るよりは、適量に分けて少しずつ補給することが効果的になります。

なかなか普段の食事では補えない栄養素ですので、サプリメントで効率的に補給しましょう。
posted by 井上 愛子 at 15:44 | Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう失敗しない!!ファンデーションの基本的な塗り方

ファンデーション.jpg

ファンデーションとは、化粧の基礎になる下地のことです。
化粧のためにファンデーションを使うときに
一番大切なのは、色選びです。



ファンデーションの種類やブランドによって、様々な色が用意されています。
選ぶときには必ず肌につけて確認してみましょう。


色も豊富ですが種類も豊富なのが、ファンデーションの特徴です。
季節や肌質を考えて、一番相応しいものを選んでいきます。
それでは実際のファンデーションの塗り方を紹介しましょう。



まずパウダータイプです。
一般的にはスポンジを使っていきます。


パウダータイプのファンデーションには、
最初からスポンジが付属しますが別売りのパフの使用がおすすめです。

自宅ではパフ、外出先ではスポンジと使い分けて化粧直しをするのが良いでしょう。


まずパフでファンデーションの表面を2回ほどなでるように取ります。
そして片側の頬、顔の内側から外側に向けて伸ばしていくのがポイントです。


反対側の頬も同じ様に、ファンデーションを取って伸ばしていきます。
額は、パフに残ったファンデーションを伸ばしていきましょう。


仕上げはファンデーションをつけずに、顔全体をパフでなでるようにします。
ファンデーションを付けるときは、ムラが出来ないように気をつけましょう。



次にリキッドタイプです。
ボトルタイプとチューブタイプが存在します。
チューブタイプの方が持ち運びに便利なので、おすすめです。


指先で付けるよりはスポンジを使用するのが良いでしょう。
リキッドタイプは服につくと汚れが落ちにくいので、
取り扱いに注意が必要です。



>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 07:40 | Comment(0) | 肌荒れを隠すメイク方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眉間・こめかみの肌荒れや吹き出物を治す方法

目元.jpg

眉間やこめかみが肌荒れすることは珍しいですが
まれにできることがあります。
また、おでこの吹き出物が酷い時には
眉間やこめかみまでできてしまうことも。。。
思春期ニキビが酷い時になりやすいケースです。


眉間やこめかみの肌荒れや吹き出物は
おでこと同じと考えやすいですが、
若干違う原因でできることもあるので
できてしまった場合はその原因を見直しましょう。


その原因と解決方法をお伝えします。



【1.洗顔が不十分になりがち】

眉間やこめかみは目の周りに位置しているので
ついつい洗顔が不十分になりがちです。

にもかかわらずTゾーンで皮脂の分泌は多い方なので
余分な皮脂がしっかり落とせていないと
肌荒れや吹き出物の原因になります。


また、鼻筋にかけてゴシゴシしやすい場所でもあるので
優しく洗うことを意識するようにしましょう。

⇒肌荒れを治す正しい洗顔方法

⇒【管理人厳選】肌荒れを治す洗顔料


洗い残しがないように最後まで泡洗顔を心がければ大丈夫です。



【2.ストレス・自律神経の乱れ】

ストレスを過度に感じたり、
自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れて
皮脂の分泌が増えてしまいます。



これを防ぐにはうまくストレス解消する必要があります。
ストレス解消方法は人それぞれだと思いますが、
運動でストレス解消できると健康的にも良く
一石二鳥なのでオススメです。


逆に食べてストレス解消するのは
美容的に見てあまり良くないので気をつけましょう。


どうしてもストレスが溜まってしまうときは
食事やサプリメントでビタミンを摂り入れたり、
化粧水などでビタミンCを肌に補給して
皮脂の分泌を整える効果を高めるようにしましょう。


⇒【管理人厳選】肌荒れを治す化粧水



【3.思春期にはできやすいので注意】

ホルモンバランスの乱れによる
皮脂の過剰分泌ということでは
思春期ニキビの原因も同じです。


思春期ニキビは特にTゾーンにできるので
眉間やこめかみにもできることがあります。


思春期の場合にはホルモンバランスの乱れは
自然に収まるのを待つしかないため、
スキンケアや食生活で皮脂の過剰分泌を抑えましょう。


⇒【管理人厳選】肌荒れを治す化粧水


体の成長過程でホルモンバランスが崩れるので
こればかりは我慢が必要です。




以上が眉間・こめかみの肌荒れや吹き出物を治す方法です。
かなり目立つ場所なので常にきれいになるようにケアしましょう。




>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 00:00 | Comment(0) | 眉間・こめかみの肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口周り・唇の肌荒れ・吹き出物を治す方法

口元.jpg

口周りや唇の肌荒れ・吹き出物は
特に人と話したりするときには
相手からよく見えるところなので
すごく気になりますよね。


しかも一度治っても繰り返しできやすいので
めちゃくちゃ厄介です。


なぜ繰り返しできやすいかというと
内臓の不調や栄養不足が原因でできることが多いからです。
スキンケアだけで治しても
根本的なところを見直さないといけないのです。


⇒肌荒れを治す正しい洗顔方法

⇒【管理人厳選】肌荒れを治す洗顔料

⇒【管理人厳選】肌荒れを治す化粧水


そこで口周りや唇の肌荒れ・吹き出物を
繰り返さないための方法をお伝えします。



【1.食生活とサプリメントで十分な栄養摂取】

食生活が偏って栄養バランスが崩れると
皮脂の分泌が増えたり
肌のターンオーバーが乱れて
肌荒れしまいます。


これを防ぐにはバランスの良い食生活をして
足りない分はサプリメントで
栄養を補うようにしましょう。


特にビタミンとミネラルが不足しないように注意。
ビタミンは美容には必須の成分で
皮脂の分泌を整えたりすることができる
ので
必ず取るようにしましょう。


ちなみにビタミンCは
一度にどれだけ摂り入れても
不要な分は体外へ排出されてしまうので
毎日必要な分を取り続ける必要があります。



【2.内臓を元気にする】

内臓が不調だと老廃物や毒素の排出が上手くいかず、
肌の免疫機能も落ちるので肌荒れに繋がります。



それを防ぐには内臓を活発にし、
便秘も解消するようにしましょう。
内臓を活発にするには栄養と運動です。


特に運動すると新陳代謝が高まって
老廃物もどんどん排出されます。
普段からひと駅分は歩くようにするとか
少し早歩きで歩くようにするとか
わざわざランニングやジムで筋トレしなくても
できることは十分あるので
少しずつ運動を摂り入れるようにしましょう。



【3.口周りや唇を触らないようにする】

口周りは普段無意識に触ってしまいがちです。
手にはかなり雑菌が付いているので
その手で口周りを触ると
雑菌が顔に移って繁殖し吹き出物ができやすくなります



スキンケアもしっかりして
食生活もバランスよくしているのに
口周りの肌荒れや吹き出物が再発するなら
おそらく触りすぎが原因になっています。


悩んでいたりするとついつい触りがちなので
意識的に顔を触らないようにしましょう。




>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 00:00 | Comment(0) | 口周り・唇の肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。