プラセンタ
で肌荒れを治す
 スキンケア
で肌荒れを治す
 専用保湿シェルで
肌荒れを治す
 プラセンタで肌荒れを治す.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ
 nonAヘッダー.jpg
⇒Non.A(ノンエー)
公式ページへ
 merurainn.jpg
⇒メルライン
公式ページへ

肌をキレイに保つ夏の食事の3つのポイント

野菜.jpg

これから本格的に暑くなると
どんどん食欲がなくなってきますよね。
夏バテしてしまうと特にそうなります。


ですが、食べやすいものばかり食べていると
栄養不足になり肌荒れの原因となることもあります。


なので、食欲が減った夏でも
効率良く栄養を摂り入れられる3つのポイントを紹介します。



【1.紫外線対策に緑黄色野菜】

キャベツなどの淡色野菜には
ビタミンCが豊富に含まれており、
美白効果があるので紫外線対策になります。



また、人参などの緑黄色野菜には
ビタミンAが豊富に含まれるので肌荒れ対策にいいです。



【2.温野菜を食べよう】

何も考えずに野菜を摂ろうとすると
暑い夏は生野菜にドレッシングのサラダで終わらせがち。
もちろん、野菜を食べているという点では良いのですが、
メインとなるレタスやきゅうり・トマトなどは
肌荒れや吹き出物対策になる栄養素は少な目なんです。


なので、肌をキレイに保つためには
温野菜にできる緑黄色野菜がベストです。

温めることにより体を冷やさずに
効率よく栄養素を吸収できます。



【3.たんぱく質も摂ること】

当然、野菜だけでは栄養バランスが偏ります。
また、ビタミンなどの
肌に良い栄養素を効率よく吸収するためにも
たんぱく質を取ることが大切です。


たんぱく質は肉・魚・豆から摂れますが、
オススメは大豆と白身魚です。
大豆は豆腐や納豆など食べやすいものが多いので
手軽に摂り入れることができますし、
カロリーも低いのでダイエットをしている方でも大丈夫!


白身魚はたんぱく質も豊富な上に
ビタミンなども多く含まれるので美容効果が高いです。



以上が肌をキレイに保つ夏の食事の3つのポイントです。
食事をとる際には気にしてみましょう。



>>>当ブログ顔・あごの肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
タグ: 食事 美肌
posted by 井上 愛子 at 17:00 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強すぎる日焼け止めは肌荒れ・吹き出物の原因になる

日差し.jpg

そろそろ梅雨も明けて夏本番です。
この時期肌を守るために必須なのが日焼け止め!
ですが、その日焼け止めが原因で
肌荒れしたり吹き出物ができることもあります。



【なぜ日焼け止めで肌荒れや吹き出物になるか】

日焼け止めは紫外線から肌を守るものではありますが
化学的な成分も多いので肌に負担がかかります。
この時の刺激で肌荒れしたり吹き出物ができるのです。


その刺激は当然効果の高い日焼け止めの方が強いです。
日焼け止めは効果の高いものを使えば大丈夫と
単純に考えている方が多いですが、
紫外線以外のことも考えるとそうではないのです。


しかも、日本で普通に生活している分には
SPF50とかPA++++とかは必要ないです。



【どの程度の強さの日焼け止めが最適か】

日本で生活している分には
SPF20〜25、PA++程度のもので十分です。

その日焼け止めを摂れたら塗り直すような感じで
1日で何度か塗る形をとるのが
紫外線対策と肌への負荷を減らすバランスが取れます。


そもそも、SPFやPAの意味をご存知でしょうか?
その意味を簡単に言うと
■SPF:日焼け止めの効果がある時間
■PA:肌が黒くなるのをどれぐらい防げるかの指標

です。


ちなみにSPF50だと約1000分間(16時間40分)です。
でもこれだけの時間ずっと外にいる人はいないですよね。


CM等ではこれらの強さばかりを強調しているものが多いですが
特に顔に付ける場合は気を付けてください。
SPF50の日焼け止めは顔に付けて平気な人の方が少ないはずです。



>>>当ブログ顔・あごの肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 18:00 | Comment(0) | 肌荒れ・吹き出物の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思春期ニキビに効果的!ファーストクラッシュを試してみました!

ファーストクラッシュ.jpg
3in1でニキビケアできる話題の洗顔料、
ファーストクラッシュを試してみました。
その使用感を本音で書いていきます。


結論を先に言うと、
ファーストクラッシュは若干刺激はありますが、
その分ニキビ対策としての効果は高く、
1週間ほどでニキビが治ってきました。
敏感肌の方には合わない可能性がありますが、
皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビには
ピッタリの洗顔料だと思います。




【ファーストクラッシュの3in1とは?】

3in1とは洗顔するだけで
洗顔・化粧水・美容液の3つの効果があるというもの。
なのでスキンケアがとっても楽になります。



特に、旅行や出張に行く時には
洗顔料・化粧水・美容液をすべて持って行っていたのが
ファーストクラッシュ1本になるので助かります。


ただ、ホントにそんなことが可能かは
使ってみるまでは疑問に思っていました。



【実際にファーストクラッシュを使ってみると・・・】
ファーストクラッシュセット.jpg
注文すると3日程度で届きました。
箱の中には
■洗顔料
■クリーム
■商品説明書
■カタログ

が入っていました。

早速使ってみると、
ファーストクラッシュはジェル状の洗顔料で泡立たないタイプ。
また、柑橘系のいい匂いがします。
ファーストクラッシュジェル.jpg


そのまま洗顔してみると、
サリチル酸の影響だと思いますが若干のピリピリ感がありました。
でも、洗顔後は肌がしっとりしていて、
本当に化粧水や美容液をつけたような感じでgood!




【1週間ほど使い続けたらニキビが治りました!】

1日だけ使っただけでは効果はわからないので
そのまま1週間程度使い続けてみました。
使い始めた時に小さいニキビがいくつかできていたのですが
それが見事に治ってくれました!



たまたま、大きなニキビができていなかったので
重症化したニキビに対しての効果は不明ですが、
ニキビ対策としては有効な洗顔料だと言えます。


刺激が若干あるので敏感肌の方にはオススメしませんが、
サリチル酸配合ということで
特に皮脂の過剰分泌が原因にニキビには効果が高いので
思春期ニキビにお悩みの方のはオススメです。


ボタンB.jpg




>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 03:43 | Comment(0) | 洗顔石鹸レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カサカサ肌の顔の肌荒れに対策する4つの方法

砂漠.jpg

顔の肌荒れには乾燥が原因でカサカサ肌になってしまうこともあります。
そのカサカサ肌は肌の乾燥を防ぐことができれば改善できます。
特に普段のスキンケアの中で簡単にできる
4つのカサカサ肌対策がありますのでそれをご紹介します!



【朝起きてすぐに、顔の皮脂を取り除こう】

朝の顔は想像しているよりも、ベタベタしているものです。
このベタベタには、夜の間の汚れが当然に混じっています。
これをこのまま洗顔すると、手のひらに汚れがついてしまいます。


それを防ぐためには、
一度は冷たすぎずに熱すぎないお湯でサッと洗い流す必要があります。
これにより、洗顔料が肌に吸い付きやすくなり、
効率よく汚れを落とせるようになるのです。




【泡立ちの良い洗顔料でモコモコにして洗おう】
モコモコ泡.jpg

カサカサ肌の原因の一つに、
顔に指が当たることによる摩擦があります。
摩擦は小さいものでも、肌を刺激してしまいます。


この摩擦を無くすには、
指と肌の間に洗顔料の泡を作ることです。
洗い流すときも、優しく行いましょう。
どうしても流しにくくなってしまうので、
最低でも20回はすすぎましょう。




【化粧水はつけすぎくらいがいい】

化粧水の裏には、
「適量」や「2・3滴」つけるようにと書いてありますよね。
でも、こればかりは体質で変わります。
自分の手のひらを信じるのが一番確実です。


自分で触ってみて、
肌に吸い付くくらいになるまで化粧水をつけましょう。
化粧水はつけた先から蒸発してしまうので、
そのくらいがちょうど良いのです。




【洗顔のしすぎもカサカサ肌の原因になっているかも】

私もかなりのカサカサ肌なので、
続けていることがあります。
それは、1日2回しか顔を洗わない、ということです。
それをしばらく続けると、肌の調子が良くなったのです。


寝不足が続いてしまった時や、
体調がすぐれない時などは、カサカサ肌になりがちですよね。
何をしても肌が最低・・・という時は、そんな荒行も良いですよ。




>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 22:13 | Comment(0) | カサカサ肌対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、生理前に肌荒れするのか?肌荒れと生理周期の関係

生理痛.jpg

生理前になると肌荒れや吹き出物ができやすい
というのはよく聞かれます。
毎日しっかりスキンケアしているのに
それでも毎月のように生理前には肌荒れする・・・
いったいなぜでしょうか?



【生理前に繰り返す肌荒れや吹き出物の原因とは?】


その原因は黄体ホルモンです。
生理前になるとこの黄体ホルモンの分泌が増加します。


黄体ホルモンには皮脂の分泌を増やす効果があり、
その影響で肌荒れしたり吹き出物ができやすくなるのです。

さらにシミやそばかすが増える原因にもなっています。

また、生理前に感じるむくみやストレスも
このホルモンによる影響であることが多いです。



【黄体ホルモンの影響を軽減するには?】
夜空.jpg

黄体ホルモンの影響は生活習慣が乱れていると
より体が反応しやすくなってしまうことがわかっています。
そのため、普段から
■睡眠不足
■食生活の乱れ
■ストレス

などには気を付けて生活することが
黄体ホルモンの影響を弱めるポイントです。


特に生理前には
「甘いもの、コッテリしたものが食べたい!」
と感じやすくなりますが、
糖質や脂質は生理前のみならず
常に肌荒れや吹き出物の原因となりますので
あまり食べ過ぎないように気をつけましょうね。


我慢しすぎてストレスを抱えるのはよくありませんが、
思いのまま食べて肌荒れした挙句に太ってしまっては
毎日のようにスキンケアする意味が無くなってしまいます。



【それでも甘いものが食べたいなら】
イチゴ.jpg

甘いものが全てダメなわけではありません。
甘いものが食べたくなったらフルーツや黒糖など
自然由来のものを食べるようにすればOKです。



特にフルーツであれば
ダイエットにも効果的な酵素も自然に摂り入れられるので
健康的な部分でもおすすめですよ。


スイーツなどは生クリームなどが
砂糖と脂質が混ざり合っており、
これらを同時に取ることになるのでダメです。
どうしても、ということであれば週1回くらいにして
食べた後は運動するようにしましょう。



【スキンケアで生理前の肌荒れ・吹き出物を回避するには?】
9520-1024x680.jpg

黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えるので
油分の多いスキンケア用品は使用を控えましょう。
例えば、クリームとかですね。


油分で保湿するクリームや乳液を使わずに、
セラミドやヒアルロン酸・プラセンタなど
保湿成分が多く含まれるものを使えるとなお良いです。


生理前に増えた皮脂で肌には十分油分がある状態ですので
そこにさらに油分を追加する必要はありません。
むしろ油分が多すぎると吹き出物ができてしまいます。



以上が生理前の肌荒れの原因と肌荒れと生理周期の関係です。
対策方法はありますのでぜひ取り入れて
生理前も快適に過ごせるようになりましょう!



>>>当ブログ口・あごなど顔の肌荒れ・吹き出物を治す方法のTOPへ戻る
posted by 井上 愛子 at 00:00 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。